地方の女は床上手でヤリマンの集団なんです

夏だ、暑い、一人だ、寂しい、彼女作って海に行こう!

「暑い……」

私は一人暮らしの部屋でぽつりと一人呟きました。

結局あれからサークルにも部活にも入らず、学科でも友達が出来ずにずっと一人でだらだら学校に行き、帰ってきてだらだらと過ごすだけという何の意味があるのかわからないような生活を送っていました。

暑いなあ……こんな暑いときにはプールに行きたいな、いいや、海か……でも海はなあ、カップルが多いからな、俺に彼女がいればなあ……。

この思考のループが一時間くらい続きました。

そうしてからやっと気がついたのです。

あ、彼女作ればいいんだ、ということに。

「そうだ、彼女を作って海に行くぞ!」と、友達を作る方が早いだろうに何故か彼女を作ると意気込んだのでした。

きっと夏の暑さがそうさせたのでしょう。

しかし、彼女を作ると言っても大学で友達も作れていない人間がリアルでどう動こうが彼女なんてできるはずもありませんよね。

というわけで、私はプライドなんて気にしていられない! ということで出会い系サイトを使うことを決意したのです。

私は早速パソコンの前に座って出会い系サイトについて調べました。

調べてみると、たくさんのことがわかってきました。

まず私はどのサイトに登録すべきなのかを調べ、ただ一つ私に合いそうなサイトに登録しようと試みました。

そしてそのサイトに登録して、これから彼女を作るということを胸に誓いました。

一人の女の子と

出会い系サイトで見つけた一人の女の子とずっとやり取りをしていました。

名前はかりん(仮名)で年齢は23歳で年上、身長は154cm、体重はトップシークレット、とても天然で可愛らしい子でした。

その子と出会ったのは出会い系サイトの日記機能でした。

私の日記に毎日毎日コメントを書いてくれ、コメントに返信をしてもそれにさらに返信をしてくれる……そんな感じで出会ったと記憶しています。

私はいつしかそのかりんに惹かれるようになっていき、メールアドレスや電話番号を手に入れたときは軽く小躍り下のを覚えています。

友達いない大学生が彼女もちになる日は近いなと思っていましたし、実際にそうでした。

私たちは数回会って、会うたびにお互いの過去などについて話をしたりしていましたから、妙な信頼関係みたいなものは生まれておりました。

そんな時、かりんが川原で急にもぞもぞし始めて、ん? お花摘みかな? と思っていたところ、急に告白されて付き合うことになったのです。

海だー!

そして来週の日曜日、私はかりんと……彼女と海に行きます。

これで私も勝ち組の仲間入りということで、このことで勇気がつきました。

彼女いるアピールしつつ、今度は友達も作っていこうと決心をしました。

近所の清楚なセレブ妻と浮気してヒモなんです

私は……。

私は京都府内のとある大学に通っている大学一回生の男です。

春の入学式、高校の卒業式で高校時代の友人たちと別れを告げて単身で京都にやってきた身としては、かなり不安なものでしたが、同時に期待もしていました。

その期待というのは、大学生活でたくさん愉快な友達を作って「うぇーい!」って言うぞ、という期待でしたし、それが叶うと思っていました。

たくさんの仲間たちに囲まれながら大学の最寄り駅で「うえーい! 飲み会行こうぜうぇーい!」って他の大学生みたいに、周りの人びとの目を毛ほども気にせずに馬鹿なことがやれると信じていましたし、それを信じて疑いませんでした。

しかし、現実は非情です。

現実は得てして思い描いていた理想とは食い違うものです。

入学式、卸したてのまだノリがついているパリっとしたスーツを着て髪の毛もワックスで固めて大人風かつスタイリッシュにまとめてみました。

そうして一人暮らしの家のドアを開けて、入学式の会場となっているとある会館へと徒歩で向かいました。

街ゆく人々が「あ、入学式か」というような微妙にあたたかい視線を私に向けているのがわかりました。

私はその視線を受けてドヤ顔しつつ、春のうららに包まれたまだ2週間ほどしか住んでいないこの街を歩いていました。

桜のピンクが高校時代からの時の流れを鮮やかに彩っていて、なんだか自分も大人になったものだなあという感慨に浸りながら、高校時代を思い浮かべながら、春に染まる道を歩きました。

そうして会場に到着した私を待っていたのは、怒涛のサークル・部活動勧誘の嵐でした。

会場へ向かう道を挟み込むようにしてサークルや部活の勧誘の人たちが並んでいるのを見て呆気にとられると同時に高校時代の勧誘との違いを頭の中で考えていました。

そうでもしないあまりの人の多さになかなかに気が狂ってしまいそうだったのです。

会場について学生証と今日の入学式の資料をもらい、学科の席について入学式が始まるのを待ちました。

あたりを見渡すとみんなもう何故か固定グループができていて、私の入り込む余地はどこにも無いようでした。

あれ、今日がみんな初対面だよな?
と思ったのですが、よくよく考えてみると入学前に二度くらいプレ講義というのがありました。

それは自主性だったので、実家から遠かった私は行っていなかったのですが、どうもこの人たちは行っていたようで、入学前からもうコミュニティーを作っていたのです。

なんて抜け目がないんだ、と思いました。

それから数ヶ月が経ちました。

サークルの後輩とセックスしたのは去年の合宿でセフレにしたんです

出会い系サイトで探す

出会い系サイトに行けば援助交際相手にかかわらず、様々な異性と出会えますし、様々なタイプの出会いを楽しむことができますよね。

そもそも出会い系サイトというのは何者をも優しく包み込んでくれるような包容力があるサイトですから、出会い系サイトに登録すれば、本当に様々なタイプの異性との出会いを楽しむことができます。

20代の若い子から50代前後くらいまでの熟女まで、甘えん坊女の子からクールな女性まで、学生さんや主婦さんから教師などの出会い系サイトとは結びつかないような職業についている人まで……出会い系サイトには本当にいろいろなタイプの人がいます。

出会い系サイトは、そんなありとあらゆる人が入り乱れて様々なタイプの出会いを繰り広げている現場であるからこそ、援助交際の相手を探すのには男女ともにもってこいというわけですね。

実際に、出会い系サイトに登録している男女の中にはそれ目当ての人が多数在籍しておられます。

それどころか、最近ではアダルト掲示板の書き込み内容が援助交際のお誘いで溢れてしまっています。

アダルト掲示板が常に援交のお誘いで満たされているというほどですから、出会い系サイトに行けば援交相手がいやでも見つかります。

出会い系サイトでの援交の相場

出会い系サイトでの援助交際の年齢と料金の相場としては、年齢的には二十代前半くらいの若い女の子が割合的には一番多く、値段的にはホテル代別負担で一万五千円(ホ別イチゴと言われている)という料金が主流になっています。

ということはですね、安い休憩ホテルを使ってセックスをしたとしても軽く二万円以上はかかるというわけです。

しかし、「安く済ませたいなら風俗に行けよこの野郎」というのが援交をしている女性の言い分らしいので、援助交際の料金を値切ることはあまり好ましい行為ではありませんから、控えましょう。

一万五千円で二十代の女性が、出会い系サイトで援交相手募集をしている女性の相場です。

さいごに

出会い系サイトでの援交というのは最近ではごくごくありふれた行為になっています。

だからこそ、援交したいなら男性も女性も出会い系サイトを利用すると良いということですね。

SITEMAP

Powered by Prime Strategy Co.,LTD.